紛争鉱物への対応

コンゴ民主共和国などの紛争の存在する地域で産出される鉱物の一部は、
非人道的行為を行う武装勢力の資金源となって紛争を助長する、あるいは
人権侵害を引き起こすなどの可能性があると言われています。

そうしたなか、2010年7月に米国で成立した「金融規制改革法」(ドッド・フランク法)において、
米国上場企業は、コンゴ民主共和国またはその隣接国で産出される「紛争鉱物」の製品への
使用状況などについて、開示することを義務付けられました。(同法において、「紛争鉱物」とは
、タンタル、スズ、金、タングステン、その他米国国務長官が指定する鉱物のことを言います)

調達活動における社会的責任を果たすため、サプライヤの皆さまと連携し、サプライチェーンの
透明性を確保するとともに、同法の趣旨に鑑み、武装勢力の資金源となる「紛争鉱物」の不使用
に向けた取り組みを推進していきます。なお、紛争の存在する地域においても武装勢力の資金源
となっていない鉱物もあるため、それらの使用を妨げることのないよう取り組んでいきます。

サプライヤの皆さまには、本取り組みをご理解いただくとともに、弊社が実施する調査にご協力いただくほか
、弊社とともに責任ある調達を行うことをお願いいたします。